FC2ブログ

みーやんのお気楽日記

第二次台湾旅游 冰館

0
多少のドタバタはありましたが、無事阿給を食べることが出来た私達。屋台街を後にして、MRT淡水駅まで戻って来ました。何故かというと、ここの構内には台北に行ったら必ず食べて帰りたいカキ氷の有名店冰館の支店があるからなのです♪          高架下の端の方に冰館はあります。ネットで本店(永康街)よりずっと空いているという情報は目にしていたのですが、……何というか空きすぎ? かなり広めの店内なのに、私達以外...

シェルパーツのネックレス&ブレス

0
去年のことなのですが、眼科にかかった時にドライアイだと言われました。家でも外でもPCに向っている時間が長いし、目が乾きやすいだろうなぁとは思っていたんですけどね。そういや趣味もビーズだったり写真だったり、眼をよく使うものばっかりだ^^; 冬場は空気も乾燥しているせいか、目薬が沁みること、沁みること。閑話休題休みの日にクローゼットの中を片付けていた時、あることに気付きました。          タートル...

サイト更新情報

0
インフルエンザ、それもタミフルが効かないタイプのものが流行っていますね~。外出する時はマスクを着用するようにしているのですが、顔が暑いし出費もかさむし、まったくもう……(-_-;) 早く春にならないかな~。閑話休題サイト本館&別館TOPの写真を更新しました。今回は台湾旅行で新北投温泉を訪ねた際、50嵐で購入した冰[女乃]茶とたれちゃんの写真です。どんな写真か気になる方は サイト本館 もしくは 別館 からどうぞ♪ ...

第二次台湾旅游 淡水名物なんだけど;

0
夕陽を堪能したら、お次は淡水名物の阿給(アーゲイ)を食べに行きましょう!この阿給というのは、油揚げの中に春雨をこれでもかっと詰め込み、練り物で蓋をして蒸し、醤油ベースのタレをかけたものです。油揚げを台湾の言葉で阿布拉給(アブラゲイ)と言っていたものが省略されて阿給となったそうです。この料理で有名な文化阿給というお店があって、どうせ食べるのならここで……と思い、えっちらおっちら暗い坂道を登って行ったの...

第二次台湾旅游 淡水の夕暮れ

0
淡水観光で絶対外せないのが、淡水河に沈む夕陽です。デートスポットとしても有名とあって、あちこちでカップルの姿を見かけました。 ←淡水河から見た景色のパノラマ写真です水面を紅く染めながら沈んでいく太陽を眺めていると、心が静かに落ち着いていくようでした。                        ...

第二次台湾旅游 淡水オブジェ3連発

0
紅毛城の参観を終えた後、前を流れる淡水河に沿って散歩をすることにしました。   河沿いにあったオブジェ(写真右) 一瞬「キョ○ちゃん?」と思ったのですが、説明がなかったので何の目的で建っているのか分かりませんでした。          写真は歩いている途中で見かけた建物(軍艦ビル型)です。こういう雰囲気の建物って大好きだ~♪      ひたすら遊歩道を歩いていると、河向かいに「ひょ~ぅ♪」てな感じの...

第二次台湾旅游 紅毛城

0
淡水観光の手始めは、駅前のロータリーからバスに乗って紅毛城へ向いました。紅毛城は1628年スペイン人により淡水河口近くの山岡上に建てられたサンドミンゴ城を前身とします。その後1644年にオランダ人によってスペイン人が駆逐され、オランダ人がサンドミンゴ城を改築してアントニー要塞と命名しました。「紅毛」とは当時の住民がオランダ人をこう呼んでおり、そこから紅毛城と呼ばれるようになったそうです。後に清朝が英仏連合...

第二次台湾旅游 淡水へ

0
バスで新北投の駅前まで戻って来た2人。さくさく次の目的地へ向いたいところですが、喉が渇いてしまいました。台北の交通機関は飲食禁止なので、列車に乗る前に何か飲んでおこうということに。駅から少し歩いた所に、高雄で気の良い運ちゃんから教えてもらった50嵐を発見したので、迷わずドリンクを購入!  写真の左側に写っているのは凍頂烏龍加蜂蜜(アイス烏龍茶+  蜂蜜)、右側は[ン水][女乃]茶(アイスミルクティー)で...

堂島ロール(モンシュシュ)

2
たーさんも私も何気にロールケーキ好きです。特に私は生クリームがごってりしているのは苦手なので、クリーム使用量が少ないロールケーキを好むのでしょう。ロールケーキと言えば、あちこちマスコミにも取り上げられている「行列の出来る店」モンシュシュさんの堂島ロールが有名ですね~。でもこれもクリームの量が半端じゃないので、並んでまで買うことないかなぁと思っていたんですが……。少し前のことです、ある日お店の前をふと...

第二次台湾旅游 地熱谷

0
温泉博物館を後にした私達。周辺の川で足湯が出来るらしいという情報があったので、その場所を探してみることにしました。道路沿いをてくてく歩いていると、こんなものを発見。   これは温泉郷的吉他橋といって、映画「温泉郷的吉他(温泉郷のギター)」(1966年)のロケ場所で北投歴史資産にも指定されています。しかし木造の立派な橋は映画に出て来たものとはかなり違っています。もしかしたら写真左の手前右の方に少しだけ写...

第二次台湾旅游 北投温泉博物館

0
ほぼ1ヶ月放置プレイになっていた台湾旅行記、そろそろ再開したいと思います(^^ゞ立派な図書館を眺めた後、新北投公園の中を突っ切って向ったのは北投温泉博物館です。   1913年に造られた北投公衆浴場の老朽化に伴い、約12年前に改修工事が行なわれて温泉博物館となったそうです。改装はされていますが、外観や館内は当時の雰囲気がそのまま残されています。  榻榻米大廰  「榻榻米」の発音は「tatami」、つまり畳のことで...

更新情報

0
松の内も終わりましたので、サイトTOPの写真を入れ替えました。今回は調神社に行った時、浦和の駅前で見かけたあるモノとたれちゃんのツーショット写真です。どんな写真なのか気になった方は、サイト本館もしくは別館でご覧くださいまし(どちらも同じ写真です)ちなみに、新年一発目の写真はこちらでした↓               ...

時季ハズレですが^^;

0
PCが新しくなってOSもVistaに変わったたのですが、これがまぁ頻繁に固まって使いづらい(泣)おまけに写真の整理や補正に使用しているソフトがVistaに対応していなかったので、新年早々たーさんに頼んでXPにチェンジしてもらうことでやっと快適になったという……。今日はそんなこんなでUPしそこねていた記事を書きたいと思います。  これはクリスマス~年末にかけてサイト本館と別館のTOPに掲載し  ていた写真です。  物販の...

調神社で狛ウサギ?

0
年始休みは終わってしまいましたけど、もう少しだけお正月ネタにお付き合いください(^_^;)ある日のこと、たーさんがネット巡りをしていた時にちょっと変わった神社の記事を見つけました。そこは神社でありながら鳥居を建てず、狛犬ならぬ狛ウサギがいるというのです。それは是非とも拝見したいということで、埼玉県は浦和市へと出かけました。駅から歩くこと15分程で調神社(つきじんじゃ:つきのみや神社とも言います)に到着です...

赤沢日帰り温泉館

0
大晦日の日記で、とある場所におでかけした帰りにNewたれちゃんを捕獲したことについて書きましたが、今日はその“とある場所”について触れたいと思います。    +    +    +    +    +    +    +    +大晦日を翌日に控えた12月30日、私達は伊豆急行のリゾート21で伊豆高原駅に向いました。   リゾート21の車両はちょっと変わっていて、両端の2車両は展望車(私達は座りませんでした)に...

お正月セットの裏側(2)

0
前の記事の続きですが、カテゴリーが違うので分けて書いています。こたつ以外で一家団欒の風景に必要なものは何かと考えた時、まず最初に浮かんだのが「鏡餅」でした。そこでビーズで作ってみることにしました。   写真はビーズfriend vol.13に掲載されていた鏡餅のレシピで作ったものです。お餅本体に加え、三方や四方紅も作るので手間もかかりましたが、本物チックに出来ました♪          次に作ったのが注連飾りで...

お正月セットの裏側(1)

0
サイトTOPの「たれ一家のお正月?」写真の撮影にはいろんな小道具を使っています。その中で一番大きなものが「こたつ」です。   これはリーメントさんの食玩、我が家のこたつです。この商品を見た時に「新年一発目の写真はこれでいこう!」と決めたのでした。このこたつ、かなり忠実に作られていて、電気コードを差すことも出来るんですよ~!こたつ布団と座布団、それからこたつには欠かせないミカンもちゃんと付いています(^....

お正月恒例?

0
今年のお正月は質素倹約を心がけてというか、大掃除に力を入れた分お節は作りませんでした。もの凄く久しぶりに市販のものを食べたのですが、う~ん^^; ラクチンで良かったけど、来年はやっぱ自分で作ろう……。      出来合いばかりだとちょっと寂しいので、毎年恒例のローストビーフを焼いて、たーさんが大好きな鰤雑煮を作りました。お肉の焼き加減を間違えてしまって、少し火が通り過ぎだったのが(泣)右の写真は発泡純...

恭賀發財! 新年快楽!

0
あけましておめでとうございます!本年もたーさん&みーやんお気楽通信とみーやんのお気楽日記をよろしくお願い致します。さて、新年一発目の更新はサイトTOPの写真です。今回は「たれ家のお正月」というコンセプトで撮影しました。よく見ると何だか怪しいものも写っています(笑)どんな写真になったのか気になる方は、サイト本館もしくは別館からどうぞ(どちらも同じ写真を使っています) ...