FC2ブログ

みーやんのお気楽日記

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(17)

0
深セン追加シリーズ第2弾(笑)前に書いた日記で写真を撮ったらUPすると書いていたのですが、ずっと放置プレイになっていたものがあります。そうそう、お土産に買った茶器です。      茶壷・茶海・茶盤・聞香杯・茶杯・茶托のセットで、クリーム色の地に金魚が描かれています。実は以前に日本で売られているのを見たことがあって、その時からずっと欲しいと思っていた品だったんです。念願かなってやっとお迎えすることが出来...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(16)

0
一旦終了した深セン旅行記ですが、カテゴリーを作っておきながら記事をUPするのを忘れていたものについて書きたいと思います(^^ゞそれは深センで泊まったホテルについてです。今回のお宿は新都酒店(CENTURY PLAZA HOTEL)です。深セン駅から約10分の場所にある中堅クラスのホテルです。私達は中国民俗文化村で遊んだ後、かなり遅くなってからチェックインしたのですが、その際にちょっとしたハプニングが。おそらく大陸系のツアー...

やっぱ本物がいいよね……

0
このところゆる~いディ●ニーキャラや、気持ち悪いドラ■もんなど、いわゆる偽者の話題で盛り上がっている(?)中国ですが、先日こんなニュースが報じられました。       【中国】給料袋の中身は「偽札」、怒る作業員を工場が解雇 作業員と雇用側の言い分、どちらが正しいのかは現時点では分かっていないので何とも言えませんが、ちょっと日本では考えられないような事件ですな。ここで疑問が一つ。そんなに何枚もの偽札が...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(15)

0
深セン旅行記も最終回です。東莞市を後にした私達、深センへと戻って来ました。さてこのまま香港行きの列車に……、            ちょっと待った~( ̄ー+ ̄)まだまだ帰るわけにはいきません! お土産を買うのですよ~羅湖駅から少し行くと 茶葉世界 という中国茶&茶葉関連グッズのお店がぎっしり入ったビルがあります。私のお目当ては茶葉ではなく茶器♪ 高級品は手が出ないけれど、普段遣いにガンガンお茶を飲む分に...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(14)

0
最後に向かったのは 虎門林則徐紀念館 です。ここは 鴉片戦争博物館 も併設されていて、威遠砲台と同様に愛国主義教育基地に指定されています。      林則徐は英国によるアヘンの密輸取り締まりに力を尽くした人です。道光帝により欽差大臣に任命され広東省に赴き、そこで英国商人の所有するアヘンを没収・処分を行いました。時の英国政府はこの事態を「清国による英国市民の生命・財産への侵害」と位置付け、開戦の口実...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(13)

0
威遠砲台から徒歩で少し行ったところに 海戦博物館 があります。ここはアヘン戦争をテーマにした展示がメインになっています。博物館の周辺は広大な公園となっていて、緑の芝生がとてもキレイ。あまりの広さで、入り口の遥か向こうに博物館の建物が見える感じです。   展示物は写真・絵画・海戦のジオラマやアヘン吸引者や兵隊の蝋人形などが主でした。正直言って建物の敷地の広さに比べると内容がやや少ないな……という感が否...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(12)

0
深セン旅行記もやっと2日目です(^^ゞこの日は朝からお隣の広東省東莞市虎門鎮に行きました。この虎門は アヘン戦争 にまつわる場所が多く、観光地としても有名な所です。初めに訪れたのは 威遠砲台 です。昔、虎門には英軍を迎え撃つための11の砲台があったのですが、現在見学出来るのは沙角砲台とこの威遠砲台の2つのみになっています。     戦争時にこの砲台は破壊されてしまったのですが、当時の状態を復元し公開して...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(11)

0
中国民俗文化村の中では、規模の大小はありますが至るところでショーが催されています。小さなところでは各民家での少数民族の方々による歌や踊り。中規模のものは園内の特設スペースにで行われる武術や曲芸のパフォーマンスなどがあります。        写真左:[イ泰]族(タイ族)の広場でのショーはお客さんも参加します  写真中央:印象中国のエリアでの武術ショー  写真右:同じく竹馬ショー 凄い技を演じているの...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(10)

0
窰洞の向かい側には朝鮮族の住居があります。朝鮮族の住まいは瓦と白壁の入母屋造りで、寝室・客間・厨房・物置から成っています。室内はオンドル(床下暖房)になっていて、クツを脱いで上がり床に座って過ごします。            家の中に入ってみようかと思ったのですが、入り口に立っていたお姉さんがとっても不機嫌そうだったので厨房と思しき場所のみ撮影しました民俗文化村に着いた時から怪しいお天気だったので...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(9)

0
今回はちょっと風変わりな造りのお家をご紹介します。                   写真は黄土高原の伝統的な住宅 窰洞(ヤオトン)です。窰洞には崖に横穴を掘るものと地下を掘るものの2つがあるようですが、これは陝西省北部にある横穴式の住居になります。                   窰洞は黄土の崖を掘削して作られ、冬は暖かく夏は涼しい厳しい気候に適した住まいとなっています。一般的な広さは横3...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(8)

0
今度はチベット族の住居へお邪魔しちゃいますチベット族の家屋で代表的なものは2階建てのトーチカ型家屋です。一階は家畜小屋と貯蔵室、居住エリアは二階にあり、居間・寝室・炊事場・貯蔵室に分かれています。            写真右は室内を撮影したものです。部屋には日本で言うところの仏壇のようなものが設置されています。何処の家庭でもこのように仏像を祀るスペースが必ずあるのだそう。            ...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(7)

0
お次はチベット仏教寺院へ行ってみましょう。チベット仏教は日本でもラマ教の俗称で呼ばれることが多いようです。このパーク内の説明でも喇嘛寺(ラマ寺)とありました。ただ現在はあまり適切でない名称との説もあるようなので、ここではチベット仏教と表記することにします。             赤や金色がメインの極彩色の世界。日本の寺院とはかなり趣が異なっていますね~(゚▽゚;)寺院の周囲はマニ車*1の模型(写真右)が...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(6)

0
北京の次はぐ~んと西の方に行って見ましょう♪                   いかにもイスラム風な門構えですね~。こちらは維吾爾(ウイグル)族の住居です。建物の屋根は平らになっていて、部屋は四角い形をしています。住居は居間・寝室・工芸品の制作室・貯蔵室から成っています。                   室内には壁龕(へきがん : 塑像などを飾るために壁に作られたスペースのこと)が作られてい...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(5)

0
前回の日記に書いた瞼譜のある壁の建物、これは 四合院 という中国北方の伝統家屋で、大門と照壁・中庭・母屋・東西に向かい合った部屋から成っています。               東西南北の4面に建物があるため〝四合院〟と呼ばれています。特に北京のものが有名ですが、近年の建設ラッシュでその姿が消えつつあるのが残念です。               写真は部屋の様子です。部屋の中にはテーブルセットが置か...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(4)

0
ちょっと間が空いてしまった昨年の旅行記ですが、深[土川](深セン)のテーマパーク 中国民俗文化村 の続きからスタートです      +    +    +    +    +    +    +    +    +それでは園内へと進んでみましょう龍の飾りの付いた階段を〝シュワ~ッ〟と音をたてる霧に包まれながら下っていくと、目の前にかなり変わった形のオブジェの噴水が現れます。            ...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(3)

0
さて、地下鉄華僑城駅に到着しました。通路案内の表示を頼りに出口へ向かいます。この日のお目当ては 中国民俗文化村 というテーマパークで遊び倒すこと                   中国民俗文化村というのは、少数民族の文化・芸術や建築物を集めた巨大テーマパークです。国内55の少数民族のうち24民族の住居が再現され、そこでの生活や伝統芸能等を見学することが出来るようになっています。ここに隣接して 錦繍中...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(2)

0
地下鉄の羅湖駅へと向かった2人。これから華僑城というところまで行きます。私は深センの地下鉄は初体験!(前に来た時はまだ地下鉄なんて走っていなかった)スリとか強盗とか出ちゃうんだろうか……なんてビクつきながらも構内を撮影する私(もちろん素早く撮影してカメラをしまいましたが) 朝も早かったせいか、それとも「変な奴が来たらブッ飛ばす!」オーラを嗅ぎとられたのか、幸いにも怖い体験はせずに済みました(^^ゞ   ...

見た!食べた♪香港旅行 深セン編(1)

0
私は深[土川](シンセン)へは以前の旅行で1度訪れています。その時はテーマパーク1つと羅湖商場(いわゆるショッピングセンター)だけを見て回りました。決して楽しくなかったわけではありませんが、その折に感じた〝治安悪し〟のイメージをずっと引きずってきました。だけど仕事で何度も出かけているたーさんの「注意事項を守れば大丈夫! 随分変わってきているから、行ったら驚くよ?」の言葉を信じて再訪することにしました...